MISSION

学生に「終わってほしくない」と思わせる4年間を提供すること。

 自分の意志で入部を決めた学生たち。分析スタッフになることを決意したのは、未知のスポーツへの好奇心やチームを勝利に導く姿への憧れからだったことでしょう。私も同じように自分がチームを勝利させる姿にワクワクして入部したのをよく覚えています。​​

 しかし入部してみるとすぐに、アナライジングとは名ばかりの雑用係であることに気づき、ガッカリしたのも覚えています。練習前後の業務に追われ、必要な知識とスキルを得るための機会や時間はありませんでした。そのせいもあってか、周りからは「早く卒業したい」「部活終わんないかな」といった言葉が聞こえてきます。

 私自身は、甲子園ボウルで敗戦し卒部が決まってから「終わってほしくないな」と強く感じていました。それは入部当時は雑用だらけだったASをより専門的で立場のあるものに組織作った満足感と、チームの勝利に強く貢献できているという充実感があったから。それでも周りの選手、スタッフたちの多くは部活動から解放されることを待ち望んでいるように見えました。

 好奇心と憧れに後押しされて「自らの意志」で入部した部活動に、いつしか時間を奪われているような気がして、それでも今更辞められないから卒部を心待ちにしているようならば、そんなにもったいないことはない。

 やる気があるのにできない。やりたかったことがあったはず。ASをやりたいけど環境がない。分析がしたかったけどいつの間にか雑用。そんな想いを抱える学生をなくし、充実した4年間に後ろ髪をひかれてしまうような部活動を提供することがSASのミッションであり願いです。

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します

© School of Analyzing and Scouting ALL RIGHTS RESERVED

Tel:080-5517-1715

Email:tomoki.matsuba@school-of-as.com